引っ越しまでの時間

田舎の家

注文住宅を建てる際には建売住宅と比較して多くの工程があります。
もちろん同時並行で進めることができるものもありますが、基本的には順序にしたがっってきっちり決めることは決めてから次の工程に進むことでトラブルなく時間も無駄にせずに家づくりを進めることができます。
土地を決めずに住宅の設計をした場合完成した住宅が建築できる土地を探す必要があります。
そういった土地を探すことは難しく土地を決めてからその土地に合った住宅を建てる方が効率よく時間を使うことができるのです。
他にも間取りがしっかり決まっていないのにコンセントの位置を決めた場合ほんの少しの間取りの変更でも部屋中のコンセントの位置を決めなおす必要があるなど時間がかかるだけでなく工事ミスのリスクが高くなるのです。

せっかく注文住宅を建築するのであれば自分たちのライフスタイルに合ったように設計しより生活を豊かにしたいものです。
注文住宅を建築した人は様々なところにこだわって設計されています。
そういった人でもその住宅で生活してみてもっとあればよかったと感じる設備がコンセントやインターネット配管などの電気配線です。
電源があれば便利であった、人感センサにすればよかったというものです。
コンセントの増設は設計段階で増やすのであれば一か所五千円もあれば設置ができます。
もちろんあちらこちらに所構わず設置すれば追加の費用はすぐに十数万円になります。
しかし住宅が完成してから増設することは不可能であったり、可能でも数万円の費用が掛かることもあります。
それを考えると設計段階で増設しておくことはとてもメリットのあることです。